SnapCrab_NoName_2020-9-28_22-11-31_No-00
とりあえず下書きをします
私はいろいろ
素材登録をしたり
実際ブラシなどを
使って線を「描いたりしています」👆
あとは
お得意の色付け
レイヤーのフィルター加工
など手を加えていきます。

clipstudioPAINTの良いところは
フィルター加工のところで
「線の太さ」を変更できるところです
上の下絵の線は元々
少し細めだったのですが
「線画修正」と言うツールで
線を太目に加算しています。
SnapCrab_NoName_2020-9-28_22-11-58_No-00
👆選択ツールで
黒塗り
した後、消しゴムブラシで
アレンジを入れました
このままでもよい
背景素材になりそうですが
もう少し
「自分の感性と向き合います」
SnapCrab_NoName_2020-9-28_22-12-27_No-00
青紫っぽい色をブラシで塗りました
レイヤーを重ねていきます


SnapCrab_NoName_2020-9-28_22-12-46_No-00

新規レイヤーを作り
新規色調補正レイヤーという
項目で
グラデーションマップ
を選択

SnapCrab_NoName_2020-9-28_22-13-1_No-00

全体像が見えてきました。

3b04c386.jpg
その後Canvaでパーツやテキストを編集
👆で作った画像を
「好きな画像」へ挿入します。
hello

背景に今日出来たばかりの
背景作品を挿入してみました👆(≧∇≦)

コチラは
新規色調レイヤー反転👇
hello (1)

◆1番目は秋色・ファンションオンラインshopやポートフォリオなど
をコンセプト
◆2番目はどちらかと言えば
癒しサロンやネイル・ヨガSTUDIOをコンセプトにimage!

今後は
Canvaの情報を皆様の元へ
とにかく、
今年中には
  1. note をマガジンが購読できるまで記事を構築したい
  2. 言葉をつむぐ・書くのではなく「描き出す」ということを念頭に置いて過ごしたい
  3. Canvaのレクチャー動画を作る
  4. SNSの投稿を続ける

DMなどでお問い合わせOKです

Canvaの写真やtemplateもすごく
ワクワクして
楽しいですが

自分の感性で「生み出す」
CG作品や
グラフィックは
「私の特化できる強み!
でもありますw